WiMAXビギナー WiMAX端末ルーター

WiMAX端末W05と04モデルを比較しても変わらない3つの理由

更新日:

WiMAX端末ルーターW05ホワイト

最大通信速度に磨きをかけたWiMAX端末ルーターW05をご紹介したいと思います。

ってわけでこれからWiMAXを利用する人はW05を使うべき!…かというと実はそうとも言い切れません。

以前、インターネット通信業界で働いていた私からすると、「W04やWX04に比べて、特別にW05が優れているわけではない」って認識になります。

もちろんW05という端末ルーターが劣るってわけではないので、そこだけはまずご理解ください。

では、なぜ「W04やWX04に比べて、W05が優れているわけではない」と言えるんでしょうか。

ここでは、その根拠を紹介していきますね。

実は3つの端末ルーターはスペックがほとんど一緒なんです。

WiMAX端末ルーター「W05」とは?

WiMAX端末ルーターW05

最新WiMAX端末ルーター「W05」が登場しています。

まあ、WX05も出てますし実はもう発売から大分経ってますけど…。

WX05に関する記事はこちら!

まあ、「WiMAXを契約する予定だけど、ルーターはW04・WX04・W05のどれを選ぶのが正解なんだろう」と迷っている人は少なくないと思います。

WiMAXプロバイダの情報はネット上にあふれかえってますけど、その端末ルーターについてはそうでもないんで「???」になっても仕方ないと思います。

なので、今回はW05・W04・WX04についてしっかり知っていただければなと思います。

05シリーズが登場する前は04シリーズがWiMAX端末ルーターとして特に売れていました。

「ザ・モバイルルーター」って雰囲気だったWX04でしたが、

W04の見た目はこれです↓

W05モバイルルーター

W04はスティックタイプ(WiMAX端末ルーターとしては初)です。

昔のガラケーみたいなレトロ感がスタイリッシュで、持ち運びがしやすいのも魅力でした。

04の次世代モデルとして05シリーズが登場したもんですから、「W05が超おすすめ!」「WiMAX用ルーターが進化した!」みたいな口コミやレビューをよく見かけるんですが、私としては、正直「え、それちゃんと調べてから言ってる……?」って感じで疑問を覚えてます。

つーかハッキリ言えば、W04やWX04に比べて、「W05ならではの強み」があるかというと実は特ににないんです!

ま、とにかく「ふーん、でも新しいもの好きだし、W05にしとくよ!」って感じで選ぶのはアリだと思いますが「W05でしょ!最新でしょ!超凄いんでしょ!」というノリでチョイスするのはナシです。

別に超凄いわけではないので。

まあ、業者側としては新商品が売れないと困るわけですから、あの手この手で無理矢理「W05は超凄い!」という方向に持っていきたいのかもしれませんが、別にそんなことはないので勘違いしないようにしましょうね!

では、3つの端末ルーターの性能を見ていきましょう。

W04・WX04・W05、それぞれの性能は?

W04・WX04・W05の性能を比べていきましょう。

こちらをご覧ください↓

WiMAXルーター製品名 Speed Wi-Fi Next W05 Speed Wi-Fi Next WX04 Speed Wi-Fi Next W04
回線 WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
端末本体色 ブラックXライム
ホワイトXシルバー
アクアブルー
クリアホワイト
グリーン
ホワイト
電池の持ち時間(WiMAX2+) ノーマルモード:540分前後

 

ハイパフォーマンスモード:490分前後
通常モード:690分前後
エコモード:830分前後
Bluetooth使用時:1000分前後
ハイパフォーマンスモード:390分前後
通常モード:540分前後
エコモード:630分前後
電池の持ち時間(4G LTE) ノーマルモード:540分前後
ハイパフォーマンスモード:480分前後
通常モード:630分前後
エコモード:780分前後
Bluetooth使用時:930分前後
ハイパフォーマンスモード:260分前後
通常モード:390分前後
エコモード:550分前後
連続待受時間 休止画面:約42000分 休止画面:約42000分 休止画面:約42000分
重さ 約131g 約128g 140g
スピード 最大通信速度
下り 758Mbps
上り 112.5Mbps
最大通信速度
下り 440Mbps
上り 75Mbps
最大通信速度
下り 758Mbps
上り 37.5Mbps

「んにゃ?やっぱりW05が勝ってるんじゃないの?」と感じたと思います。

でも、実は違います。

「W05が特別優れているわけではないのはなぜか?」それをお伝えしていきます。

WiMAX端末W05をW04・WX04と比較しても変わらない3つの理由とは?

WiMAX端末W05と04を比較

W05がW04・WX04と比較しても別段これと言って優れているわけではない理由はちゃんとあるんです。

最初に箇条書きでまとめちゃいましょうね。

W05は別にすごくない!比較しても変わらない!そのワケを3つご紹介します。

  • 最大通信速度が758Mbpsのカラクリ
  • 見た目が変わらない
  • 「Wi-Fiお引越し機能」の存在価値

じゃ、それぞれについて見ていきましょうか。

「最大通信速度758Mbps」のカラクリ

んじゃ、改めて表でチェックしましょー↓

端末ルーターのシリーズ W05  WX04  W04
外見 WiMAX端末ルーターW05 WiMAX端末ルーターWX04 WiMAX端末ルーターW04の見た目
最大通信速度 758Mbps 440Mbps 440Mbps

※1Mbps:1000Kbps(通信速度の単位)

さっき出した3つのWiMAX端末W04・WX04・W05のスペック表なんですが、見てみるとやっぱり「W05シリーズの最大通信速度がスゲー!」って感想になりますよね。

W05の最大通信速度が758Mbpsですが、W04とWX04に関しては440Mbpsしかないわけです。(ちなみに他の部分ではほぼ違いはないですね)

ってわけで数字だけ見ると、1.7倍くらいの差があるんですよね。

でもここからがかなり重要な部分なんですが,実はW04シリーズも通信速度758Mbpsを出せます。

「最大通信速度758Mbpsのカラクリ」について詳しく把握すればその辺りのことが見えてきます。

WiMAX端末ルーターW05の「最大通信速度758Mbps」とは?

WiMAX端末ルーター最大通信速度758Mbps

結論から言うと、「auのLTE回線のパワー」と「WiMAX回線のパワー」を合わせて、「最大通信速度758Mbps」を達成しています。

本筋から離れるのでここでは詳しく言いませんが、「LTE=スマートフォンの電波」です。

WiMAXの母体はauなんで、WiMAXはauの力に頼れるってわけです。

とりあえず抑えておいていただきたいのは、「WiMAX2+はWiMAXの進化版」ということ。

でも、わざわざWiMAX2+と表記するのはメンドクサイので、当サイトでは基本的に「WiMAX」と書いていきます。

WIMAX2+に関する記事はこちらを!

話を戻しますが、まずauのLTE回線の通信速度は200Mbps。

WiMAXの回線を利用すると、558Mbpsという通信速度を達成してます。

両者を足すと558+200=758Mbps、だから「最大通信速度758Mbps」だと言えるって理屈です。

で、これがW05限定の話かというと別にそんなことはないです。

「UQ WiMAX」っていうWiMAXの回線元があるんですが、そこが正式にこういう情報を公開しています。

簡単にまとめると、「W04でも558Mbpsが出せるようになったよ~ん!」ってことなんですよね。

で、ここにW04も利用できるauのLTEの力が加わるわけなので、結局は558Mbps+200Mbps=最大通信速度758Mbpsになりますよね。

だから、「最大通信速度758MbpsはW04でも出せる!」って言えるんです…。

「WX04のこと忘れてない?」と言われそうなんでお答えしましょう。

まず、WXシリーズとWシリーズのメーカーは別です。

で、Wシリーズなら758Mbps出せるわけですが、WXシリーズだと出せないです。

さっきの表のとおりで、WX04は440Mbpsまでしか出ません。

でも、W05でもW04でも最大通信速度758Mbpsは出ます!

じゃあ、なんで「W05速いよ~めっちゃ速いよ~」って言っているかというと、これは先ほども触れましたが単に宣伝のためでしょうね。

大人の事情ってヤツです…。

見た目がそんなに変わらない

これは完全に私の主観なんで「いや、カッコいいだろが!」と感じる人もいると思いますが、W05の見た目がなんかダサいような気がするんです…。

まずはW04の見た目がこう↓

WiMAX端末ルーターW04の見た目

W05の見た目がこう↓

WiMAX端末ルーターW05の見た目

ほ~ら、なんかW05はダサいというか、30年くらい前のセンスって感じがしませんか?

まあ、見た目を気にするのであれば、↑のW04とW05の写真を見比べてみて、気に入った方を選んでくださいね。

「だからデザインなんてどうでもいいんだよ!カッコつけやがって!」と感じた方…ごめんなさい…。

「Wi-Fiお引越し機能」の存在価値は…?

WiMAX端末W04のWi-Fiお引越し機能

Wi-Fiお引越し機能:今までのWi-Fiルーターの接続情報をW05に引き継ぐことができる機能

W05にはこの「Wi-Fiお引越し機能」があるんですが、私としては「コレ、いらなくね?」と思うわけです。

具体的に言うと、「今までのWi-Fi用ルーターのパスワードとSSIDをW05がコピーしてくれる。だから、改めて設定しなくてOK!」ってことです。

W05はこの「Wi-Fiお引越し機能」を結構アピールしているような印象があります。

しかし、パソコンのデータ写しなどとはワケが違います。

「スマートフォンやパソコンに表示されたWi-Fi情報を見て、パスワードを打ち込めばおしまい」なので、冷静に考えればWi-Fiの再設定なんてめっちゃ楽です。

3分程度で終わるはず。

Wi-Fiの接続を一回でもしたことがある方からすれば、今さら説明するまでもない事かもしれませんね。

で、「こんなもん、わざわざ引き継いでくれなくてもいいよ…」というのが私の結論です。

だから、「Wi-Fiお引越し機能」はあまりメリットにはならないと感じますね。

WiMAX端末ルーターは結局W04・WX04・W05のどれがいいの?

WiMAX端末ルーターを比較!どれがいい?

結局WiMAX端末ルーターはW04・WX04・W05のどれがいいんでしょうか…?

WiMAXルーターとしてW05が凄いわけではないけどダメでもない

こんな感じなので「WiMAXルーターはW05を選んだ方がいい!」とは言えません。

この記事でお伝えしたいのは「新しいからってW05が『特別』に良いってワケじゃないよ!」ってことだけです。

W04やWX04に比べて負けてるってわけじゃないので、W05を利用するのももちろんアリです。

ネットを使いまくるならWシリーズ?

まずW04とW05のスペックはほぼ一緒ということでしたね。

しかしWX04は758Mbpsを達成できないわけなので、こういう事になりますかねえ↓

WiMAX用ルーターのおすすめ順はこんな感じです。

W05=W04 > WX04

あとは、見た目を気にする人はそこも加味してもらって…。

WX04が通信速度で劣るのは確かですが、スペックとしては十分なんです。

「超絶頻繁に大容量通信をする」とかじゃないのであれば、WX04でもバッチリOKです!

むしろWシリーズより通信が安定しています。

キャッシュバックの金額がルーターごとに違う場合もありますし、「あ、WX04の方がキャッシュバック多いな!」というのであれば、それを目当てにWX04をチョイスしても構いません。

でも、大容量通信を頻繁にするのであれば、Wシリーズにしておきましょう。

結論をまとめると、

ネットを超使いまくる:W05かW04
そうでもない:W05・W04・WX04のどれでもいい

それではWiMAX端末ルーターの話はここまでにして、次は「WiMAXプロバイダはどれがいい?」という話をしていきますね。

注意!どのWiMAXプロバイダを利用するかで結構出費が変わります!

WiMAXのプロバイダ選び

WiMAX端末ルーターはWX04かW04かW05のどれかを使うとして、プロバイダはどれを選ぶべきなのでしょうか。

実は、WiMAXプロバイダを決めるのはそれほど難しくありません。

↓の2つのポイントを抑えつつ選ぶだけで大丈夫です。

【ポイント】WiMAXプロバイダの選択基準!

  • 通信速度は気にしなくていい!
  • 「料金」で決めよう!

じゃ、それぞれ見ていきましょう。

選ぶコツ1:通信速度は気にしなくてOK!

「通信速度は重要なのでは?さっき、ルーターのところでしつこいくらいに通信速度の話をしたのに…」と感じるかもしれません。

確かにルーターの通信速度を見るのは大事です。

実は全てのWiMAXプロバイダはUQ WiMAXの回線を使っていて通信速度は一緒なんです。

WiMAXのプロバイダは現在20業者を超えています。

で、たまに「○○の通信速度が断トツ!」ですとか「○○の通信速度はイマイチ」みたいな記事を目にすることがあります。

まあ、そういう思い込みがあるのもある程度仕方がないとは感じるんですけどね。

だって「まさか20業者以上もあるのに全部通信速度が同じなんてあり得ない!」と思うのは、まあ自然なことかなと感じます。

ですが、無責任にそれをブログ記事とかにするなよってのはあります…。

このままだと延々愚痴を言いそうなので、「どのWiMAXプロバイダでも通信速度が同じ理由」を解説していきましょう。

どのWiMAXプロバイダでも通信速度が同じなのはなぜ?

BBN WiMAX、KT WiMAX、Broad WiMAX、GMOとくとくBB、SO-net、BIGLOBE WiMAX、@nifty WiMAXなど、色々なWiMAXプロバイダが存在しているわけですが、どのWiMAXプロバイダも「UQ WiMAX」に回線を借りています。

いうなれば、UQ WiMAXが「親」で、他のWiMAXプロバイダが「子」のようなものです。

だから、様々な業者があっても「回線は全部一緒」なんです。

ですから、WiMAXプロバイダごとに通信速度が変わるなんてことはあり得ないってワケです!

かなりシンプルな理屈ですよね。

でも、このことはあまり認知されていないので「通信速度が速いWiMAXプロバイダはどれ?」「通信速度が遅いWiMAXプロバイダは避けたい!」という方が出てくるわけです。

それに、「どこのWiMAXプロバイダも、結局UQ WiMAXから回線借りてるんじゃん。じゃあ、UQ WiMAXのサービスが一番良いんじゃね?」と判断されてしまいかねないので、各WiMAXプロバイダとしてもあまり「UQ WiMAXから回線をレンタルしてます!」という情報を表に出していないような気がしますね。

とにかく、WiMAXプロバイダを比べるときに、「通信速度はどうかなあ~」と考えるのは完全にナンセンスなので覚えておきましょう!

まとめ:WiMAXプロバイダの通信速度は…

通信速度はどのWiMAXプロバイダでも一緒だから見ても意味がない!

選ぶコツ2:WiMAXプロバイダは実質料金だけで決めよう!

 

WiMAXプロバイダは実質料金で決めよう

通信速度には差がないので、WiMAXプロバイダは実質料金だけで決めましょう。

ホントに「だけ」と言ってもいいくらいです。

実質料金に直接関係ない部分では、ほとんど差がないんです。

つまりは「金銭面だけで決めよう!」ということです。

詳しく見ていきましょう。

キャッシュバックやキャンペーン内容をWiMAXプロバイダごとに比べよう

まずは「キャッシュバック」「キャンペーン」の内容を、WiMAXプロバイダごとにチェックするのが大事です。

っていうか主にキャッシュバックの金額ですね。

極端にいえば300円キャッシュバックされるよりも、10000円キャッシュバックされる方がいいとか、そういう話です。

じゃ、キャッシュバック金額が特に高いWiMAXプロバイダを見ていきましょう。

キャッシュバック金額が高いWiMAXプロバイダは?

  • 3WiMAX:28000円
  • DTI WiMAX:29000円
  • BIGLOBE WiMAX:30000円

この辺りが30000円前後でかなり大盤振る舞いなんですが、実は

  • GMOとくとくBB WiMAX:43000円

なので、断トツで高いです。

ですから、一番コスパがいいWiMAXプロバイダは「GMOとくとくBB WiMAX」だと言えるんです。

結論を言えば、WiMAXプロバイダはキャッシュバック金額の高さでチョイスすべきです。

キャッシュバック金額が一番高いのはGMOとくとくBB WiMAX!

チェック!

本サイトのリンクからアクセスしないとキャンペーン対象にならない場合があります。
絶対に↓の特別リンクからアクセスしてキャンペーンを受け取りましょう!

GMOとくとくBB今なら高額キャッシュバック!

WiMAXはクレジットカードがなくても口座振替で利用できる!

ただ、GMOとくとくBB WiMAXを含め、ほとんどのWiMAXプロバイダはクレジットカードがないと利用できません。

なぜなら、支払い方法がクレジットカード決済しかないんです。

ちなみに、デビットカードにも対応していません。

参考:WiMAXはデビットカードで契約できない?

「じゃあクレジットカードを持っていないと、WiMAXが使えないの?」と感じるかもしれませんが、実はそうではありません。

「銀行口座振替」で支払いできるWiMAXプロバイダを選べば、クレジットカードを作らなくてもWiMAXが利用可能です。

先ほど「20業者以上のWiMAXプロバイダがある」と説明しましたが、口座振替契約に対応しているのは3業者。

その中ではUQ WiMAXがベストだと思います!

口座振替に対応しているWiMAXプロバイダはこちらです。

  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX

情報収集が雑なサイトだと「@nifty WiMAXも口座振替可」なんて紹介しているかもしれませんが、1~2年前に@nifty WiMAXでは口座振替での決済ができなくなったので気を付けましょう。

じゃあ、この3業者の料金をそれぞれ見ていきましょう。

口座振替契約ならUQ WiMAXがベスト?

UQ WiMAX口座振替キャッシュバック

3業者を実質料金で比較したらこんな感じです。

UQ WiMAX BIGLOBE WiMAX Broad WiMAX
実質月額料金 3,750円 3,772円 4,140円
2年間の合計実質料金 90,000円 90,550円 99,351円
キャンペーン内容 1万円のキャッシュバック 1万円のキャッバック
or
月額割引
なし
(クレジットカード契約は初期費用無料)
初期費用 3,000円 3,000円 18,857円+3,000円

トータル料金-(キャンペーン+キャッシュバック金額)÷24カ月!

総料金ではBIGLOBE WiMAXとUQ WiMAXがほとんど一緒です。

でも、それとは別の部分でUQ WiMAXの方がBIGLOBE WiMAXよりも優れていると言えます。

今からUQ WiMAXがBIGLOBE WiMAXより優れている理由を2つご紹介します。

詳しいお得な申し込み方法はこちら!

1. キャッシュバックの金額は同じですが……

UQ WiMAXの口座振替契約でも、BIGLOBE WiMAXの口座振替契約でも、1万円のキャッシュバックが行われます。

「じゃあやっぱり全然差はないんじゃん、UQ WiMAXの回し者かよ?」と思うかもしれませんが、そうじゃないんです。

実はキャッシュバックが実際に受け取れる時期が違うんです

  • BIGLOBE WiMAX:12ヶ月後
  • UQ WiMAX:90日以内

ね、こんなに時期に差があるんですよ。

UQ WiMAXが早いっていうのはありますけど、なんでこんなにBIGLOBE WiMAXは遅いんでしょうかねえ…。

キャッシュバックの金額はBIGLOBE WiMAXとUQ WiMAXも1万円ですから、比べられる部分と言えば「時期」だけ。

それがUQ WiMAXの方が圧倒的に早いんですから、UQ WiMAXを利用すべきです。

*BIGLOBEのキャッシュバックが時期によっては高額になってる場合があるので要チェック!

2. WiMAXルーターが手に入るまでの日数が違う

口座振替契約でWiMAXを使うとなると、郵送のやり取りが必要になります。

基本的に、銀行口座の登録って郵送じゃないとできないんですよねえ。

ですから、口座振替でWiMAXを利用する場合は、ルーターが届くまでにそれなりの日数が必要だと考えておいてください。

ですが、実は1社だけ例外があります。

それがUQ WiMAX。

UQ WiMAXなら、郵送を挟まずネット上で銀行口座登録を済ませることが可能です。

銀行口座登録の際には本人確認書類(運転免許証など)も必要になりますが、それもスマホで写真を撮って、そのままUQ WiMAXのサイトから送信すればOK。

ちなみに、ちょっと前までUQ WiMAXでも郵送オンリーだったんですが、要望が多かったのか、他の業者に勝つためなのか「ウェブ登録」をできるようにしたんですよね。

ですから、BIGLOBE WiMAXとUQ WiMAXのルーターが来るまでの日数を比べるとこのようになります↓

  • BIGLOBE:早くても10日程度(郵送オンリーだから)
  • UQ WiMAX:早ければ3~4日(ネット上でも口座登録できるから)

早さももちろん魅力ですが、「なんで、口座登録するだけでワザワザ郵送なんてしなきゃいけないんだよ!」って感じている人は多いと思いますので、精神的にもUQ WiMAXの方がいいですよね!

問:UQ WiMAXの契約はいつすべき?→答:今すぐ!

 

UQ WiMAXの口座振替

端末ルーターはW05・WX04・W04のいずれかを利用して、プロバイダは口座振替契約ならUQ WiMAX、クレジットカード契約ならGMOとくとくBB WiMAX。

などと決めたら、できるだけすぐに契約してしまうのがおすすめです。

なぜなら、キャッシュバックの金額がこの先低くなったり、キャッシュバックサービス自体消滅したりするんじゃないかと言われているからです。

以前インターネット通信業界で働いていた私ですが、その中で「WiMAXの契約者数ってかなり多くなっているし、どう考えてもこの先キャンペーンがショボくなっていくはずだよね」という話をよく耳にしました。

実際、今3000万人以上の方がWiMAXを使っていますから、「キャンペーンとか全然やらないけど、使いたい人は使ってね」という姿勢でも、業界が成り立つ時代がそろそろ来るはずなんですよね。

「キャッシュバックなどをジャンジャンやっております!ですから、どうぞWiMAXを!」っていう態度を取る必要がなくなってきているというわけですね。

ですから、WiMAXの契約は口座振替契約であれ、クレジットカード契約であれ、早めに行った方がいいですよ!

※重要

本サイトのリンクからでないと、キャンペーン対象から弾かれてしまう恐れがありますので、↓のリンクから申し込んで確実にお得に契約しましょう!

UQ WiMAX【WiMAX2+】の口座振替申し込みページ

口座振替なら、BIGLOBE WiMAX 2+

WiMAXルーターのW05はW04・WX04より特別に優れているワケじゃない!まとめ

本記事の内容を端的にまとめると、「WiMAXルーターで一番新しいのはW05だけど、W04やWX04より優れているわけじゃないよ!」ってことになります。(まあ、WX04と比べれば通信速度は上なんですけど。WX04でも普通の人は十分です)

ただし「だからW04やWX04を選ぼう!」って事が言いたいんじゃなくて、「W05にこだわる必要はないよ!」ってだけです。

本記事のまとめ!

  • W04、WX05、W05はどれも申し分ないスペックなのでどれを使っても大丈夫!
  • クレジットカード契約ならWiMAXプロバイダは「GMOとくとくBB WiMAX」がイイ!
  • 口座振替契約ならWiMAXプロバイダは「UQ WiMAX」がイイ!

クレジットカードを持っていない場合は利用できるWiMAXプロバイダが限られますが、UQ WiMAXの口座振替契約がかなり優れていますから、不満を感じることはないはずです。

口座振替WiMAXプロバイダの人気ランキング

元WiMAX通信関連会社に勤めていた私がオススメするクレジットカードを使わないWiMAXプロバイダ人気ランキング!

今なら各社、お得なキャンペーンを実施中!

No.1 : 口座振替はUQ WiMAX2+

自社のWiMAX回線を使用、WiMAX回線の提供元プロバイダ!

口座振替ができるWiMAXプロバイダの中では一番オススメ!

支払い方法口座振替(Web上で登録可能)、クレジットカード
月額料金:3,696円(Flatツープラスプラン)、実質3,750円(ギガ放題プラン)
auスマートバリュー
auユーザーは最大934円引き
ルーターが届くまで最短3日
この先のページ限定特典!
10,000円のキャッシュバック!

No. 2 : GMOとくとくBB WiMAX2+

WiMAX界、最高額のキャッシュバック!

口座振替には対応してないけど、クレジットカードがなくても契約できる!?

支払い方法クレジットカードのみ
auスマートバリュー
auユーザーは最大934円引き
高額キャッシュバック
この先のページ限定特典!
42,000円のキャッシュバック!

No. 3 : BIGLOBE WiMAX2+

口座振替に消極的になってきて少し不安。。

口座振替に対応している数少ないWiMAXプロバイダ!

 

支払い方法口座振替、クレジットカード
auスマートバリュー
auユーザーは最大934円引き
月額料金値引き
この先のページ限定特典!
10,000円のキャッシュバック!
(クレジットカード契約は場合は、33,000円)

-WiMAXビギナー, WiMAX端末ルーター

Copyright© 口座振替WiMAX&無線Wi-Fi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.