WiMAXとは WiMAXビギナー

WiMAXはテザリングよりいい?お得な口座振替契約で外出先もOK

更新日:

WiMAXとテザリングどっちの方がいい?

テザリングとWiMAXならどちらを選ぶべき?

WiMAXとテザリングだったらどっちを選ぶべきなんでしょうか。

結論から言いますとWiMAXの方が圧倒的に良いんです。

以前インターネット通信業界で働いていた私が、WiMAXとテザリングの利点・欠点を紹介しつつ、WiMAXの方が優れているワケをお伝えしていきますね。

「口座振替でWiMAXを利用する場合のプロバイダはどこがいい?」というお話もしていきます。

一番おすすめなUQ WiMAX口座振替の申し込み方法はこちらの記事を!

WiMAXとテザリングの違いは?

WiMAXとテザリングの違い

そもそも「テザリング」についてあまりご存知ない方も多いのではないでしょうか。

私もWiMAXについては知り尽くしているつもりですけど、テザリングについては把握し切れていない部分があるかもしれません…。

でも心配しないでください!

ということでちゃんと勉強してからこの記事を書いています。

WiMAXとテザリングに関して簡単に解説していきますね。

テザリングについて

テザリングっていうのは「機能」の名前です。

具体的には「スマートフォンをルーターにして、そのスマートフォンから、各種デバイスに電波を飛ばす機能」のことです。

ちなみに、ここでいう「電波」とは、スマートフォンの電波である「4G LTE」のことです。

とにかく「スマートフォンがルーターっぽくなる」という理解でOKです。

Wi-Fiがない場所で役に立ちそうですね。

ポイント:テザリングではスマートフォンの回線を利用する!

テザリングのタイプは?

テザリングには以下の3タイプがあります。

  • USBテザリング
  • Bluetoothテザリング
  • Wi-Fiテザリング

USBテザリングが一番通信速度が上で、次いでWi-Fiテザリング、最も遅いのがBluetoothテザリングです。

現在は主にWi-Fiテザリングが利用されていますね。

WiMAXについて

WiMAXは、ポケットWi-Fi(WiMAXルーター)が電波をキャッチして、その電波を各種デバイスに送るシステムになっています。

つまり、スマートフォンで電波を中継するか、ポケットWi-Fiで電波を中継するかの違いがあるということですね。

パッと見の印象ではテザリングの方が便利に思えるんじゃないでしょうか。

でも、テザリングにも欠点があるんで、そこをちゃんと確認しなければなりません。

テザリングの利点・欠点

テザリングの利点と欠点は?

「WiMAXルーターが不要」というのがテザリングの最大の利点です。

労力もかかりませんし、WiMAXと契約しないのでコストも発生しません。

…と言いたいところなんですが、トータルで見ればWiMAXの方が安くなります。

詳しくは後述!

テザリングの欠点

「スマートフォンの回線」を利用して電波を各種デバイスに飛ばす、というのがテザリングという機能です。

実は「スマートフォンの回線を利用する」という部分がヤバくて、スマホの回線を使うわけですから、通信量がグイグイ上がっていくことになります。

で、ソフトバンク、au、DoCoMoとかのスマートフォンを使っているのであれば「1カ月当たりの通信量の上限」が定められています。

この辺のサービスも最近色々増えているんで、詳しい事はご自身で確認してみてください。

一例としてauでは、

  • データ定額5(5ギガバイト):5000円
  • データ定額3(3ギガバイト):4200円
  • データ定額1(1ギガバイト):2900円

となっています。

それぞれのコースの通信量の上限をオーバーしたら、通信制限が発生するわけです。

通信速度制限が発生すると、スマートフォンの動作が鬼のように重くなります。

画像検索をして1枚の画像を表示させるのに1分以上かかるかもというレベルです。

そもそも検索ページに辿りつくだけでも数十秒かかります。

しかも、月が切り替わるまでこの速度のまんまなんです。

テザリングを使っていると簡単にこれらの上限に達してしまうんで、「大容量プラン」の契約をするのがおすすめです。

ソフトバンク、au、DoCoMoの大容量プランならテザリングでも安心?

ソフトバンク,au,DoCoMoの大容量プラン

スマートフォンのデータ上限は長期間7ギガバイトまででしたけど、平成28年頃からソフトバンク、au、DoCoMoなどが「大容量プラン」を導入し始めました。

20ギガバイトとか、30ギガバイトとか。

これなら、ちょっとくらいテザリングをしてもビクともしません。

じゃあ、大容量プランって具体的にはどんな感じなのか。

各キャリアの料金設定を見ていきましょう。

ソフトバンク(ギガモンスター)

  • 20ギガバイト:6000円
  • 30ギガバイト:8000円

au(スーパーデジラ)

  • 20ギガバイト:6000円
  • 30ギガバイト:8000円

DoCoMo(ウルトラパック)

  • 20ギガバイト:6000円
  • 30ギガバイト:8000円

というわけで、どのキャリアでも料金は一緒です。

「鬼みたいな通信制限が発生するくらいなら、月6000円、8000円払うのも悪くないかな」と感じるかもしれませんが、落とし穴があるので気を付けましょう。

大容量プランにすると「余計なもの(各キャリアさんすいません……)」がついてくる!

どのキャリアに関しても「かけ放題プラン」に入らないと、大容量プランを利用することができません。

文字通り、いくらでも電話かけられるようになるサービスなんですけど、2000~3000円もするんで結構大きいです。

まあ、ぶっちゃけ「そもそもスマートフォンで電話かけないよ!」と人も少なくないと思いますし、かけるにしたって最近はラインとかの通話アプリを使いますよね。

だから、かけ放題プランへの強制加入なんて完全にナンセンスです。

ということで、めっちゃ評判が悪いです。

さっき言ったとおり「かけ放題プラン」の料金は2000~3000円程度なんで、テザリングはなんやかんや安くありません。

それに、いくら「大容量プラン」っつっても、上限(20ギガバイトとか30ギガバイトとか)に到達したら、やっぱり鬼のような速度制限が発生します。

テザリングの欠点を改めてまとめるとこんな感じ↓

  • 謎の「かけ放題プラン強制加入」で高くつく
  • 大容量プランでも上限に到達すれば速度制限が発生する

でも、WiMAXならこういう問題は起きません。

テザリングよりWiMAXの口座振替契約をしたくなる2つの利点

テザリングよりWiMAX口座振替の2つの利点

WiMAXの利点は主に以下のとおりです。

  • 安い
  • 通信量の上限がない(プランもある)

ですから、言ってみれば「高い」&「結局上限がある」っていうテザリングの正反対なんですよね。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

WiMAX口座契約の利点1:安い

まず、WiMAXの通常の月額料金は以下のようになっています。

  • ギガ放題(通信量の上限なし):4380円
  • ライトプラン(7ギガバイトの上限あり):3696円

まあ、なんとも言えない値段ですよね。

でも、近年WiMAXプロバイダが多くなってきて「あの会社に勝つために、もっと安く!もっと安く!」と、全体的にサービスが「スゴク」なってきています。

キャンペーンやキャッシュバックが充実しているプロバイダをチョイスすれば、かなりの低料金でWiMAXを利用することが可能ですよ。

WiMAX口座振替の実質料金を比較!嘘の公式料金に踊らされてる?

「最安値のWiMAXプロバイダの見抜き方が分からない!」と悩んでいる方は少なくないはずです。 様々な情報や噂がインターネット上には出回っていますからね。 それに、あの手この手で利用者をそそのかそうとす ...

口座振替に対応しているWiMAXプロバイダは今3つしかありません。

  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX

(@nifty WiMAXの口座振替契約は廃止されたので注意)

では、どのWiMAXプロバイダが最もお得なのでしょうか?

プロバイダごとの実質利用料金を計算しました。

スマートフォンで閲覧している方はスクロールをお願いします。

UQ WiMAX BIGLOBE WiMAX Broad WiMAX
実質月額料金 3,750円 3,772円 4,140円
2年間の合計実質料金 90,000円 90,550円 99,351円
キャンペーン内容 1万円のキャッシュバック 1万円のキャッバック
or
月額割引
なし
(クレジットカード契約は初期費用無料)
初期費用 3,000円 3,000円 18,857円+3,000円

Broad WiMAXだけ妙に高額ですね。

で、トータル料金について言えば、BIGLOBE WiMAXとUQ WiMAXが同じくらいです。

じゃあ、どっちでもいいの?

かというと、そんなことはありません。

UQ WiMAXの方が圧倒的におすすめです。

こちらの記事も参考にしてください。

口座振替契約をUQ WiMAXと結ぶべき理由は?

UQ WiMAXの口座振替がいい理由

BIGLOBE WiMAXでもUQ WiMAXでもキャッシュバックの金額は一緒(1万円)なんですが、キャッシュバックが行われるタイミングが異なります。

  • UQ WiMAX:契約から90日以内
  • BIGLOBE WiMAX:契約から400日くらい

という感じで、なぜかBIGLOBE WiMAXのキャッシュバックのタイミングはとてつもなく遅いです。

キャッシュバックの金額に差がないわけですし、どうせならすぐキャッシュバックしてもらえるUQ WiMAXの方を利用することをおすすめします。

それにしてもなんでBIGLOBE WiMAXのキャッシュバックはこんなに遅いんだろう…。

それから、UQ WiMAXであれば口座振込の口座登録が早く完了します。

日数で言うと

  • UQ WiMAX:最速3~4日
  • BIGLOBE WiMAX:最速10日くらい

って感じです。

では、なんでこれほどの差が付くんでしょうか。

その理由は「ウェブ登録」にあります。

UQ WiMAXは口座登録をインターネット上で行うことができるんですが、BIGLOBE WiMAXの場合は郵送でしかできません。

郵送ってポストに入れた瞬間に届くわけではないので、かなりの差がついてしまうんですよね。

口座振替用の口座登録が早く終われば、そのぶんすぐにWi-Fiルーターが届くので、やはりUQ WiMAXをチョイスすることをおすすめします。

※ウェブ登録の際の本人確認書類の提示は「スマホで免許証などの写真を撮る→専用ページに送信」で完了します。

WiMAX口座契約の利点2:通信量の上限がない

UQ WiMAXの話をし過ぎてもはや何が本題だったのか分からなくなってきましたが、「テザリングにはない、WiMAXならではの利点」について解説していました。

「通信量の上限がない」とは言いましたが、厳密に言えば全くないわけではありません。

「連続する3日間で10ギガバイト」をオーバーすれば、通信速度制限が発生してしまいます。

でも10ギガバイトってこんななので↓

Youtube動画 45時間以上
Google検索 13,500万回以上
Lineのメッセージ送信 300万回以上
Twitter 140文字 約30,000回

変な言い方をすると「結構頑張らないと達成できないレベル」なんですよね。

ですから、「通信量の上限がない」って言ってしまっても良いんじゃないかと個人的には思っています。

ちなみに、3日で10ギガバイトをオーバーしたとしても「次の日の午後6時~その次の日の午前2時」までしか速度制限は発生しませんから、一応「18時になるまで使いまくるぜ!」ってこともできます。

計算すると30日で100ギガバイト以上通信しても大丈夫だということですね。

つまり、UQ WiMAXなら3750円くらいで100ギガバイト以上通信可能ということです。

で、振り返ってみてほしいのですが、大容量プランの場合は「20ギガバイト:6000円」「30ギガバイト:8000円」でしたから、WiMAXのギガ放題に比べると、めっちゃ高いと言わざるを得ません。

ですから、もうホントに特別な理由がない限りは、大容量プランではなくUQ WiMAXのギガ放題を利用することをおすすめします!

当サイト経由でないとキャンペーンが適用されない場合があるので、下のページから申し込みをしてお得なキャッシュバックを獲得してください!

UQ WiMAX【WiMAX2+】の申し込みページ

まとめ:テザリングよりもWiMAXの口座振替が圧倒的にイイ!

ここまで、WiMAXの口座振替とテザリングを比べてきましたが、「安い」「通信量も多い」ってことですから、WiMAXの方がどう考えてもおすすめです。

テザリングは「高い」「通信量が少ない」ですからね…。

で、口座振替契約でWiMAXを利用するなら「UQ WiMAX」一択です。

他のプロバイダをチョイスしてしまうと損をしてしまう可能性があるので注意しましょう。

補足:本当に「今すぐ」UQ WiMAXの口座振替契約をするのがベスト!

UQ WiMAXのキャッシュバック特典

「さあ、今すぐUQ WiMAXの契約をしましょう!」なんて、業者の回し者みたいな表現を使いましたが、別に意味もなく「今すぐ」と言ったわけではありません。

実は、今後キャッシュバックやキャンペーンの内容が薄くなっていく可能性があるんです。

私がインターネット通信業界で働いていた頃から業界内に流れていた噂なんですが、「WiMAXの契約件数が多くなってきたから、この先キャンペーンをショボくしていくかも」と言われています。

実際、もう国民の5人に1人くらいはWiMAXを利用している計算になるんですよね。

だからもう言い方は悪いですが「殿様商売」で大丈夫なはずなんです。

ですから、キャンペーンやキャッシュバックが薄くならないうちに急いで契約した方がイイかもです!

時期によってはBIGLOBE WiMAXのキャンペーンがお得になっている時もあったりするので、確認してみましょう。

注意!

当サイトの限定ページでなければ、キャンペーンを受けれない場合もあるので、次のキャンペーン専用ページより手続きをしてお得に申し込みしてください!

UQ WiMAX【WiMAX2+】の口座振替申し込みページ

口座振替なら、BIGLOBE WiMAX 2+

口座振替WiMAXプロバイダの人気ランキング

元WiMAX通信関連会社に勤めていた私がオススメするクレジットカードを使わないWiMAXプロバイダ人気ランキング!

今なら各社、お得なキャンペーンを実施中!

No.1 : 口座振替はUQ WiMAX2+

自社のWiMAX回線を使用、WiMAX回線の提供元プロバイダ!

口座振替ができるWiMAXプロバイダの中では一番オススメ!

支払い方法口座振替(Web上で登録可能)、クレジットカード
月額料金:3,696円(Flatツープラスプラン)、実質3,750円(ギガ放題プラン)
auスマートバリュー
auユーザーは最大934円引き
ルーターが届くまで最短3日
この先のページ限定特典!
10,000円のキャッシュバック!

No. 2 : GMOとくとくBB WiMAX2+

WiMAX界、最高額のキャッシュバック!

口座振替には対応してないけど、クレジットカードがなくても契約できる!?

支払い方法クレジットカードのみ
auスマートバリュー
auユーザーは最大934円引き
高額キャッシュバック
この先のページ限定特典!
42,000円のキャッシュバック!

No. 3 : BIGLOBE WiMAX2+

口座振替に消極的になってきて少し不安。。

口座振替に対応している数少ないWiMAXプロバイダ!

 

支払い方法口座振替、クレジットカード
auスマートバリュー
auユーザーは最大934円引き
月額料金値引き
この先のページ限定特典!
10,000円のキャッシュバック!
(クレジットカード契約は場合は、33,000円)

-WiMAXとは, WiMAXビギナー

Copyright© 口座振替WiMAX&無線Wi-Fi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.